2006年8月19日 (土)

池面

Ray / レイ 追悼記念BOX

Jamie Foxx

最近、芸能人で好きな人誰?ってきかれるとなかなか
でてこないのでんー誰かいるんかなぁ、
なんて思ってたところに突如私の前に現れた彼。
久方ぶりにテレビの向こうの殿方に胸キュンしました。

遅ればせながら観た「Ray」で。
劇中でふと目を開けるシーンがあり、
想定外のイケメンに即落ち。
レイの熱演ぶりも自然すぎるほど自然で、
もともとミュージシャンとしての肩書きを持つだけあり、
ピアノ弾くシーンも素敵。
歌は全部吹き替えらしいけど。

コメディアンの肩書きも持つらしい。
まさにツボ。

なお、「Ali」ではウィル・スミス演じるアリのセコンド役を
演じていたらしいのだけど全く覚えてませんねー。

9月にはタイムリーに マイアミ・バイス が上演予定。
コリン・ファレルとジェイミー・フォックスなんていう
組み合わせは卑怯だ。
内容は評判がいまいちなのですが
これは一人でも必ず見に行くw

ipodのほうもネタ切れ気味だったけど、
しばらくRayのサントラがヘビーローテーションになりそう。

・・しかしCiscoのGSMのEW&Fはうらやましすぎるよー。
バブリーだね、相変わらず。

| | コメント (6)

2006年7月30日 (日)

野外ライブ効果

少々間が空きましたが、無事野外ライブが終了しました。

野外ライブは初めてだったけど、病みつきになりそうな感覚。
スポットライトを浴びて汗だくになりながら歌って踊ってはじけまくり!
楽しすぎて狂いそうでしたw

第一部は、平日18:30開始ということもあり、やや最初人が集まるのに
時間がかかりましたが、通りがかりにあれ聞けた人は相当ラッキーですよ。
MIGHTYオールスター感謝祭でしたもん。感動の嵐。
ソロもコーラスも完成度高くて関心しました。
全部よかったんだけど、特に自分的特筆すべきツボは

HeStillLovesMeの3人ソロのかけあい
WaitingのU子さん
LeanOnMeのうっちゃんさん
WorkItOutのよこやんさん

ですかね。振り付けも全般的にかっこよかった!


んで、自分でた第二部。
第一部のMIGHTYたちがビールも手伝って相当盛り上がってくれたのと、
のっちが勢いで観客を総立ちさせたりなどとで、ボルテージあがりっぱなし。
ワタシなんて、ソロもないのに最前列で踊り狂いました。

今回実は、両親も呼んでいて、彼らは律儀に最前列で観てくれていたんだけど
そんな狂った娘を痛々しく思ったのか、こちらが眼をあわせようとすると
しきりに眼をそらしていましたw
そして終了すると即座に帰ってました。さびしいな、おい。

こんな距離感

Mitghty1_1

第二部の圧巻ポイントは
RainDownのともやんの「子供のおねだり」ソロパートと
LeanOnMeのみちさんのソロ
そして、りょうさんのダンスソロ!w

今回いつも一緒にレッスンを受けている役者のりょうさんが、
「最初で最後」のライブ初参戦を果たしてくれました。
そして舞台上でも惜しみなくプロ根性を発揮してくれましたね、彼。
WorkItOutでは、新しい「ダンスソロ」パートを編み出し
MIGHTYでも話題沸騰。
最後といわず、是非今後も出て欲しいものです。

今年中に野外で再演、というYUJI先生の打ち上げでのcommitment
まじで期待しています。


このライブの興奮をひきずったまま、新たにMIGHTYの一部の
メンバーで構成されている7thというクワイヤに仲間入り。
アンド昨日はYUJI先生に初級発声のレッスンを受けた。

おかげで、地声でオクターブ上のドの音までは完全に出せるようになった☆

地声の限界って、プロであってもほぼ一般的に同じらしくて、
ほとんどがレかレの♯、くらいなんだって。

そう考えると、
あともちっとがんばれば、地声でだいたい歌えるようになれそうだな。
でも正直、自分は、ここで声が裏がえる!って強烈にはまだ
意識できないので、少しミックスボイスの気があるのかなぁ。
それらしきことをとYUJIさんにも言われた。
それさえも判断できない。むーずかすぃー、発声て。

しかし、地声で歌い続けると相当喉が痛くなる。
そこでやっぱり腹式呼吸がきちんとできてないと長時間歌えないのだね。

いつもは腹から声を出すことに意識集中してるんだけど、
いざ地声で高音歌うことに集中すると、いつのまにか胸式呼吸になっちゃったり。
両方無意識にできるようになるまで、けっこう時間がかかりそうですが、
練習することで確実に改善している部分ではあるはず。

腹筋も家で始めました。
ぜーったい、うまくなったるわ!

| | コメント (8)

2006年7月26日 (水)

まもなく

ライブの日程が近づいて来たので、しばらくぶりにブログります。

7月27日@代々木野外音楽堂

代々木公園内の野外センターです。
代々木体育館を通り過ぎて公園内に入ったすぐくらいのとこにあります。

もっかいリマインド
http://www.miyajimusic.com/event/mighty.htm

ちなみに私は19時20分からの第二部に出場予定です。

今週はまじで天気があやぶまれていたのだが、
今日になって降水確率が80→30%に!
神様の力ですかねこれも!

こないだの合同練習では相当自分的にも盛り上がってしまったので
これで中止になったらどうしようもなくショックだなぁと思ってましたが。
ここまできたら晴天に期待だーー。

今回は、前回クラス対抗ライブにてコラボったどっぱちのメンバーが
たくさんソロをとった。
のっち、ともやん、ばんばんさん、えみ、まつ、さわ。ほとんど全員だーー。すげぃね。
特にのっち&ともやんのRainDownは盛り上がること必至だね。

ぴよこからは振り付け師のりょうさんがばんばんさんの隣で華麗な舞を披露予定。

わしもソロ歌いたしーー。今は練習あるのみ。

仕事もなんやかんやと落ち着きませんが、とりあえずライブではっちゃけて全て忘れてしまうぞー☆

| | コメント (20)

2006年6月 1日 (木)

He Still Loves Me

最近このDVDとCDをずっと観たり聞いたりしています。

ファイティング・テンプテーションズ スペシャル・コレクターズ・エディション

今年のMightyはずっとこの映画の曲を歌っているね。

先週から練習が始まった

He Still Loves Me

という曲は、特に信仰のない私ですが、聞いていつも歌詞に元気をもらいます。

I'm not perfect
Yes I do wrong
I'm trying my best but it aint good enough

Shunned by the world
If I don't suceed
Cuz i aint good But he still loves me

どんなに弱きものでも神はあなたを忘れない。

ということなんだけど、
自分としてはこのくだりを

がんばってりゃどっかで誰かが必ず観てるぜ

って思って聴いてます。
ちょうど今の自分にはまる曲、ということもあるからかも。


まぁそんな湿っぽい話は置いておき、
この映画は観れば観るほどはまります。
天使にラブソングを以来の興奮を覚える稀有なゴスペル映画でございます。

Love★ビヨンセを始め、意外と有名な歌手もけっこうでていたりして
そしてなんといっても挿入歌がいかしている!

教会でみんなでのりのりになって歌う曲:
RainDown

ゴスペル大会でほかのチームが歌っている曲:
Waiting

そしてゴスペル大会で優勝したときの曲:He Still Loves Me

とMightyでも今年に入ってからすでに3曲歌いました。


メロディはHe Still Loves Meも大好きだけど、
やっぱMightyでみんなで歌うにはRainDownが最高ですね!
あの曲歌ってると本気ですべてを忘れられるくらい まじきもちぇいー(K島)


サントラCDも、けっこう豪華メンバーで映画では公開されてない曲もたくさん入っていて
普通に聴いても楽しめる一枚です。


そしてそして!今年の野外ライブの日程も決まりましたね!

しかもなんと!平日だし!

7月27日@代々木野外音楽堂 18:30Start

夏の夕方にビール飲んでる観客の前でRainDown歌ったら 

まじきもちぇいー、だろうね。


ご興味ある方、是非!

ファイティング・テンプテーションズ スペシャル・コレクターズ・エディション DVD ファイティング・テンプテーションズ スペシャル・コレクターズ・エディション

販売元:パラマウント・ホーム・エンタテインメント・ジャパン
発売日:2005/10/21
Amazon.co.jpで詳細を確認する

Music ザ・ファイティング・テンプテーションズ

アーティスト:サントラ,ビヨンセ,ミッシー・エリオット,MCライト,フリー,デスティニーズ・チャイルド,アンジー・ストーン,エディ・リヴァート Sr.,T-ボーン,ゼイン,モンテル・ジョーダン
販売元:ソニーミュージックエンタテインメント
発売日:2003/09/26
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (3) | トラックバック (21)

2006年4月23日 (日)

ゴスペルライブ

土曜日は、自分の所属しているゴスペルクワイヤ「Mighty」にて、
うちわのライブが行われた。

クラスごとに2曲ずつ歌い、優勝を争うというもの。
自分は今回このイベントは初めてで、正直どんなものなのか、
想像がつかなかった。

ふたを開けてみたら、ほんとに、スゴカッタ!アツカッタ!
笑いあり涙あり感動ありで、この人たち何者!?っておもうくらい
ステージパフォーマンスに長けていて、そして歌がめちゃくちゃうまい。
こんなに選手層が厚いとは・・・ ソロの人たちの歌を聞いて、心から
関心し、感銘を受けるとともに、自分の至らなさを痛感した一日だった。

これだけの人材を集められるYUJI先生ってほんとうにすごいんだなー、
てこれまた関心。レッスンは厳しいけど、きっとこの人についていけば
間違いないんだろうな。

今回いろんな方の歌を聞いて、ステージを見て思ったことは、
歌はほんとにテクニックだけじゃないんだなー、ということ。

ただうまいだけなら、世の中ごまんといるのだろう、それこそ。
でも、Mightyの人たちはSOULが熱いんだ。
自分の気持ちを歌にのせて伝えたい、歌で人を感動させたい、そして
ときには笑わせたいという熱い魂が込められているからこそ、
こんなにも自分の中に入ってくるんだなーと。

そんな風に自分もなっていきたいな、と今回自分にとっても
目標がすごく明確になった気がする。

それから今回の大きな収穫は、いろんな人との出会い、だな。
心もとない初心者の私たちを暖かく迎えてくれたベテランクラスの方々に
本当に感謝。歌にもチームワークがすごく重要な要素なんだということを
教えてくれました。
そしてそれを介してさらにMightyの重鎮の方々と少しでもお話ができたこと。
これもベテランクラス(どっぱち)の方々に感謝です。

次のイベントは7月なのでそれに向けて頑張るぞ!
そしていつかは自分もソロが歌えるように・・ 少しずつ少しずつ努力☆

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年4月10日 (月)

明日はゴスペルの日

最近人に会うたびに同じことをもらしているのですが、
朝が早くて夜起きてられないんです。。とほほ。
なので久しぶりにBlog更新(と言い訳してみる)。

明日、10分だけライブステージに上がりゴスペルを熱唱します。
○んば○さんという方がいろんなミュージシャンを集めて
なべちゃん祭りというイベントを開催されるのですが、
自分が通っているゴスペルのスクールで流れで一緒に歌うことになり、
その一環で幸運にもださせていただくことになりました。
ば○○んさん、どうもありがとうございます!

今日は前日練習してまいりました。

こないだゴスペルの先生(YUJI先生)に
「裏声と地声の間で歌っている」
とのご指摘を受け、それからなるべく地声で歌うようにこころがけているんだけど、
なんかきれいに歌えなくなったり、なんか変に力が入ってしまい
なかなかうまくいかないもんです。
でも言われてみると、ほんとになんで私は太い声がでないんだろうなぁ、
って思ってた長年の疑問が明確になった気がする。
このくせは治るまで時間がかかりそうだなぁ。

しかし明日ライブだというのに・・
風邪ひいたよー。喉いたいよー。
週末から体調が優れませぬ。

無事に歌えることを祈りつつ、本日は早めに眠りにつこうっと。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2006年2月10日 (金)

萌え声:その2

ゴスペル人口が着実に増えている模様。こないだテレビでやっていたんだけど、最近注目を受けている女子高校生によるゴスペルクワイヤが存在することを知りまして。名前はToiTeens!?(トイティーンズ)、女子高生が総勢20名ほどで結成しているグループとのこと。

中でもメインボーカルのAyanoという子は突出してすばらしかったです。小6時代に歌をレコーディングしている映像が流れていたが、すでに相当な成熟具合を見せていた。やっぱ、才能がある人っていうのは年とか経験とか関係なく光るものがあるものなんですな。

私も今高校生だったらすごい入りたいよー。最近テレビにもけっこう露出しているみたいだし、実際入りたがる女の子がいっぱいいそうだしな。

ちなみに、メンバーになるための条件は

1.歌が好き!
2.女子中・高校生であること!
3.練習に参加出来ること!
4.一生懸命頑張れる人!

そうか。。2だけはどうしようもならないな・・・ 

でもゴスペルが日本においてひとつのジャンルとして確立されるくらいになっていったらすばらしいな。練習の励みになります。

| | コメント (5) | トラックバック (26)

2006年1月17日 (火)

萌え声:その1

大殺界に今年から突入したので、無事に乗り越える祈願も込めてブログ開始です。

今年は年明けからめずらしくテレビドラマをけっこう見ている。
なかでも昨日見たジウ姫のでている輪舞曲-ロンド-ってやつは、ストーリーもまぁまぁでしたが、なんといっても主題歌にやられてしまった。

気になって早速チェックしてみたら、また出てきました、また若くて唄のうまい娘が。
絢香(AYAKA)という18歳の若きシンガーソングライターさんだそうです。しかもけっこうかわいいっぽい。
声質は、吉田美和と鬼束ちひろを足して2で割った感じでしょうか。曲も声も最初聞くと普通っぽいんだけど、余韻が残るような後味のいい曲だと思いますた。

最近、習い事の影響でいろいろな歌唱テクニックについて興味をもちつつ、このテクニックはこの人の真似をしたいなぁ、とかぼーっと考えたりすることがよくある。

今日のお題:ファルセット(裏声)上手な歌手って誰だろう?
自分的には、高音はかなり出るほうなので、あまり普段ファルセットを意識していないのだけど(単にできてないのかも。。)、男の人のきれいなファルセットには萌えること多々あり。

今までで一番印象に残るファルセットは、
「天使にラブソングを2」にでてくるアマール君っていう男子高校役が、"Oh Happy Day"のソロで披露した2オクターブくらい一気にあがる素敵な高音のやつ。匠の技です。

それから、ケミの堂珍の高音もすごく好きです。彼の声は安心して聞ける感じ。
高音といえば、平井堅もいっつも高い。もう一オクターブくらい低く歌作ってもいいんじゃないのかな。。と思うくらいいつも高い。しかも力こもってくると聖子または郷ばりの裏っかえり声を多発する。
いや、すごくうまいと思うんだけど、これが○○って言われる所以だったりするのかなとふと思ってみたり。。

あとクロちゃん@大サーカスか。

私も日々精進したいと思います。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

お笑い | 徒然 | | 映画・テレビ | 歌テク | 生活 | 芸能