トップページ | 2006年2月 »

2006年1月31日 (火)

あなたにとってバトン

ただいまおうちで「アンフェア」見てます。最近篠原涼子熱いね。がんばれ群馬の星!

さぁ、本題に入りますよーー。あなたにとってバトン開始ー。

1.あなたにとってこのバトンをまわしてきた人とは?また、その人に一言。

しっしーさん。会社では言わずと知れたSuperSE。そして私は直接話すことさえままならぬ、いわば孫弟子です。親弟子?が必要以上に私にしっしーさんをびびらせるんです。でも、それくらい尊敬する大先輩。会社の宝です(褒めすぎ!?)。

一言:「今度一杯よろしくお願いします。」


2.あなたにとって趣味の意義とは?また、趣味は何ですか?

趣味の意義は、自分にとっての生活の軸、みたいなものかな。なくなると、なんかすべてがぶれる、バランスが崩れる。逆にあればどんなにつらいことがあっても、乗り越えるきっかけを作ってくれるもの。重いか。

趣味は歌を歌うこと、聞くこと、歌っている人を観ること(ライブ、ミュージカル、音楽映画など)です。

3.あなたにとって食事とは?また、最近食べたものの中で最もおいしかっ たものは?

食事とは、三大欲求の中でも一番つよい欲求。もっとも好奇心をそそられる対象。食べるの大好きー。

最近食べたものでおいしかったもの:目黒の二郎(めぐじろー)w/やさいにんにく、しまらっきょう、土鍋で炊いたご飯


4.あなたにとって両親とは?また、両親に一言。

最高の理解者。地球が滅亡するときに最期に一緒にいたい人たち。

一言:「変わらずにいてください。」

5.あなたにとって友達とは?また、友達に一言。

友達とは、一言じゃ表現しきれないけど一生の財産ですね。月並みですが女も男もよき理解者でありよきライバル。酒飲んで友達と騒いでいるときが多分一番幸せな瞬間なのかなと思う今日この頃。

一言:「これからどんなに環境が変わっても、縁は絶対に途切れることはないよ。」

6.あなたにとって恋人とは?また、恋人に一言。

何も話さないで一緒にいても苦痛を感じない人。頭をなでなでされたい人。その言動を隣で一番理解してあげていたいと思う人。

一言:・・・ノーコメント♪

7.人生って何ですか?

あんまり哲学的なこと考えるのは得意ではないですが。。

ずばり自分そのもの。活かすも殺すも自分次第。自分にとっての最大の財産でもあり、最大の困難でもあるもの。どうやって人生を過ごしてきたかがすべてその人の存在そのものに現れる、ということです。

Be positiveを目指したいですね。

8.このバトンをまわす人5人と、あなたにとってのその人の存在を書いてください。

この日記みてるかな、みんな。

Ayumiさん:よろしく!もう書いた?

くわともさん:主婦の視点からどうぞよろしく!

Kenny Beaconさん:期待してます。

Yumiさん:見てるー?よろしく!

ellieさん:見てたらよろしくです。

女子多めですが。

以上!

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006年1月21日 (土)

贋作・罪と罰

昨晩は、仕事も早々に切り上げてお芝居を見に行きました。

これ↓

Tsumi_1

野田秀樹演出のお芝居。野田秀樹については、大竹しのぶとつきあってる(た?)人くらいの事前情報がなかったんだが、テレビとかの脚本もよく書くんだっけな?

原作のドストエフスキー盤「罪と罰」を読んだことはないけど、そのストーリーをベースに時代設定を幕末の日本にした大胆な演出のようです。

主演の松たか子は、日本で初めて女性で役人になった非凡な才能を持っている、という役を演じていました。殺人を犯して罪の意識に悩む姿を演じる、という難しい役どころだと思うのですが凛としていてよく雰囲気でていたと思います。ほかの演者さんに比べると、声が高いせいもあるか、やや声が通りにくいかな、という気もしたかな。

舞台自体はすごいシンプルで、椅子と棒とカーテンみたいのしかないんだけど、それをどんどん配置を変えていろんなシチュエーションを作り出して、人も入れ替わり立ち替わり、または一つの舞台で同時に二つの違うシーンを演じる、なんていう展開の速さも飽きずに見ることができる要因だったかと思われる。

Matshu

んで、松のお母さん役として、なんか志村のおばあさん役みたいな男の人がキャラ濃くておもろいなぁ、って思ってたら、まさにそれが野田秀樹だったとすべてが終了した後で知りました。演技もすごいんだね。実際、ストーリーはけっこう難解だったりするんだけど、笑える部分がかなりあって、確かにあの志村ばりのおばちゃん役できる人の演出だったら納得って感じです。

それから、おばちゃんに負けず古田新太もかなり面白かった。その他段田安則、宇梶剛士などが出演してました。やっぱり本物だー。声もよく通るし何しろよくあんな長い台詞が覚えられるもんだ。みなさんすごかつたー。

チケット代けっこう高いので、しょっちゅういけるもんではないけども、今後もいろんなお芝居を見て感性を磨きたいなぁと思った一晩ですた。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006年1月19日 (木)

醤油vsソース:その2

醤油とソースで思い出した。

醤油かソースかが最も熱く争われる対象といえば、やはり目玉焼きでしょう。

私は断然ソース派です。醤油をかけて食べたことは、中学校の林間学校でかけるものが醤油しかなくて泣く泣く食べた一回くらい。塩はまだいいんだけど、醤油はなんか味気ない。

でもソース派はたいていminorityなんだよな。。ソースのほうがこってりしていて美味いジャン。

でもカレーには醤油がMuch Better。一日置いて野菜の味で甘くなったカレーに醤油が活きる。ソースなんかかけたら余計甘くなっちゃうジャン。

閉館まぎわの会社で柿ピー書きながらの投稿也。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006年1月18日 (水)

醤油vsソース

唐突ではあるが、私は基本的に、一重系のさっぱりしたいわゆるしょうゆ顔が好みである。今までときめいた有名人を遡ってみても、

クォン・サンウ -> 伊藤英明 -> 原田泰蔵 -> ユースケ・サンタマリア -> 桜井和寿 -> 雨上がり蛍ちゃん(!?) -> 三浦文丈(昔日産マリノスにいた) -> 保坂尚樹

みたいな感じで、ある程度一貫性があると、自分では思っている。(周りからはけっこう趣味を不思議がられる嫌いがあるが)

そんな醤油党の私が、小学生の頃初めて買った男性有名人写真集のことを思い出した。今考えても、写真集自体を買うなんて後にも先にもその一度だけ、という一大事。

お目当て芸能人は、もちろん醤油の・・・・

Kasetaisyu

。。むちゃソースだろ!

ていうか醤油とかソースとか書いていてちょっと恥ずかしくなってきたな。最近ではどういうカテゴライズをするんでしょうかね。

当時(小学生高学年)は確かに、彼は身長高くてすらっとしてたし、さわやかだったから人気はあったんだよ。だって偽加勢大周まで登場するくらいの騒ぎだったんだし(ランニング・坂本さん)。だけど、自分の趣味的に最初に心を奪われた男性芸能人がソース系だったことに今でも納得がいかない。見方によっちゃぁ醤油なのかなぁ。

稲村ジェーン(映画)とかいつか誰かと朝帰りッ!(ドラマ・宮沢りえと共演)あたりで小学生時代萌えていた女子も少なからずいるのではと。。なんてったって吉田栄作と織田雄二とともにトレンディ御三家として名を馳せていたのですからね。あーでも栄作派が多かった気がするなぁ。

最近あんまりメディアに露出しない加勢さんですが、台湾に活動の場を移したって話しはよく聞きますね。彼の公式サイトにいっても、2005年以降の活動記録がないのでちょっと心配。。こないだいいともにでてたらしいけど。

あの写真集久しぶりに見たいけど、今どこにあるんだろうなぁ。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006年1月17日 (火)

萌え声:その1

大殺界に今年から突入したので、無事に乗り越える祈願も込めてブログ開始です。

今年は年明けからめずらしくテレビドラマをけっこう見ている。
なかでも昨日見たジウ姫のでている輪舞曲-ロンド-ってやつは、ストーリーもまぁまぁでしたが、なんといっても主題歌にやられてしまった。

気になって早速チェックしてみたら、また出てきました、また若くて唄のうまい娘が。
絢香(AYAKA)という18歳の若きシンガーソングライターさんだそうです。しかもけっこうかわいいっぽい。
声質は、吉田美和と鬼束ちひろを足して2で割った感じでしょうか。曲も声も最初聞くと普通っぽいんだけど、余韻が残るような後味のいい曲だと思いますた。

最近、習い事の影響でいろいろな歌唱テクニックについて興味をもちつつ、このテクニックはこの人の真似をしたいなぁ、とかぼーっと考えたりすることがよくある。

今日のお題:ファルセット(裏声)上手な歌手って誰だろう?
自分的には、高音はかなり出るほうなので、あまり普段ファルセットを意識していないのだけど(単にできてないのかも。。)、男の人のきれいなファルセットには萌えること多々あり。

今までで一番印象に残るファルセットは、
「天使にラブソングを2」にでてくるアマール君っていう男子高校役が、"Oh Happy Day"のソロで披露した2オクターブくらい一気にあがる素敵な高音のやつ。匠の技です。

それから、ケミの堂珍の高音もすごく好きです。彼の声は安心して聞ける感じ。
高音といえば、平井堅もいっつも高い。もう一オクターブくらい低く歌作ってもいいんじゃないのかな。。と思うくらいいつも高い。しかも力こもってくると聖子または郷ばりの裏っかえり声を多発する。
いや、すごくうまいと思うんだけど、これが○○って言われる所以だったりするのかなとふと思ってみたり。。

あとクロちゃん@大サーカスか。

私も日々精進したいと思います。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

トップページ | 2006年2月 »